本WEBサイトの内容は、随時更新していきます

自律調整SCMコンソーシアムについて

本コンソーシアムは、サプライチェーンにおいて日々発生している「企業・組織・個人間での利害や挙動の調整業務」を劇的に効率化することを目指し、先進技術を活用した実用的な調整業務フローの整理と検証、その発展と普及を主たる活動として、ソリューション提供者、ユーザー、学術専門家等の様々な立場のメンバーによる協働で進めていきます。

出典:NEC

コンソーシアム設立背景

製造業における製品の納期・数量や価格の調整、物流業における配送条件や価格の調整など、あらゆる産業のサプライチェーンにおいて、取引相手との様々な調整業務が企業・組織・個人等の間で日々大量に発生・遂行されています。
現状、これらの調整業務は人手で実施されることが主流ですが、取引の小ロット化、製品の複雑化・多様化、きめ細かいニーズへの対応要求、さらには競争環境の激化等により、より複雑な調整業務をより短時間でより大量に、かつ正確に実施する必要性が高まってきています。
さらに、昨今の災害や疫病等による主要部材のひっ迫、少子化によるサービスの担い手の減少等の状況下においては、調整の成否が自社の存続・社会機能の維持をも左右するまでになってきています。
このような背景の下、本コンソーシアムにおいては、代表的なユースケース群に関して、先進技術の活用により劇的な効率化を実現する調整業務フローを整理・検証し、その発展と普及を図っていきます。

コンソーシアム設立のねらい

PURPOSE

日々発生している調整業務の効率化

出典:NEC

技術課題の解決は進んできており、業務面の課題を解決し社会価値を実現していきます。

自動交渉デモンストレーション

DEMONSTRATION

  • 出典:NEC

    物流手配の自動交渉

    航空物流における、荷主・物流会社・空輸会社の間の空輸枠の調整を例に AIと人による交渉のデモをご覧いただけます。

  • 出典:NEC

    部品調達の自動交渉

    自動車サプライチェーンにおける自動車部品の価格、納期、数量の調整を例にAIを活用した交渉のデモをご覧いただけます。

入会について

REGISTRATION

お問い合わせ

CONTACT

入会申し込み

資料ダウンロード